オーダーメイド&サービス規約

 

2016-2018 ver1.0  ※規約条件は随時更新されます

本規約は、お客様に対して、弊社(小林ゴム以下弊社という)の企画製造販売する製品(ウェットスーツ、ドライスーツ、胴付などのネオプレンラバー製服)をお客様の採寸数値に基づいて製品を製造し(これをオーダーメイドという)、その製品を販売することと、その製品に対する1年間のサポートサービスをいいます。

第1条(定義)

製品の仕様については、弊社が独自に企画するもので、仕様の変更(これをカスタマイズまたはカスタマイズオプションということにする)については、弊社とお客様で決定するものとします。さらなる仕様の変更がある場合は、両者で協議して納得の上変更するものとします。特注については、お客様と協議して仕様を決めることが前提となります。

第2条(仕様)

弊社から提供するオーダーメイドサービス。

対象製品
本規約の対象商品(オーダーメイド)とは、弊社が定める採寸箇所を適切な方法で採寸し、その数値をもとに、製品を製作する場合をいいます。採寸は、弊社の自社規準に従って行うか、あるいは弊社が認めた者が行うものとします。

本規約のサポートサービス
1)1年間サイズ保証
1年間にかぎり1回のみ無料でサイズ修正 
2)1年間無料メンテナンスサービス:
やぶれ ほつれの補修 1シーズン以内の水漏れ 1シーズン以内の首、手首交換
(これ以外は、有償となります。) 
3)無償(クレーム)修繕修正:
・仕様と著しく異なる場合の無料修正。
・縫製不良、接着不良であった場合の無料補修。
・ドライスーツ系の初回水漏れの無料水漏れ検査。
・パーツ等が1回でとれたなどの不良の場合の無料修正。

第3条(オーダーメイドおよびサポートサービスの紹介)

キャンセルに関しては、お客様が、電話、メール、ファックス等通信手段を用いて連絡を行ってください。

第4条(キャンセル)

品完成時は弊社が、お客様へ指定の連絡方法(電子メール、携帯電話、固定電話、ファックス)を利用し連絡を行います。製品引き渡し方法は以下から選択してください。
方法1 店頭引き渡し
営業時間内での引き渡しとなります。試着を行う場合、商品引き渡し時支払いの場合はこの方法のみです。
営業時間:月〜土(AM9:00〜PM6:00)日曜祝日は休み
方法2 お客様ご指定住所へ配送
前払、カード払いにおいて、支払いが終了している場合あるいは、代金引換の場合は、指定の住所へ配送ができます。代金引換の場合は、お客様のご希望する日、時間を指定できます。
(支払い方法)
支払い方法は以下の通りです。
1)全額現金による前払 
2)価格の20%から50%の現金前払い。残金は商品と引き換え現金払い
3)代金引換
4)クレジットカード決済
(輸送料)
輸送料については別途送料表で記載いたします。

第5条(製品引き渡し及び支払方法)

本規約または注文書内で定義された製品に関するデザインやロゴ(お客様のアイデアによるデザイン、仕様も含む)またはサービスにおけるいかなる著作権その他の知的財産権もお客様に譲渡されるものではありません。
これらに関する全ての権利は、小林ゴム株式会社の排他的財産として留保されています。お客様は、本規約に従い、上記サポートサービスの範囲内で、本製品を使用する権利を許諾されているにとどまります。お客様情報、採寸情報、アンケート内容、コメント、写真、などお客様のプライバシーに関する情報は、了解の上使用するものとし、本規約に定めること以外に利用しません。

第6条(著作権その他の知的財産権)

1.第三者の知的財産権を侵害する恐れのある製品の製造はできません。
2.お客様が自らもしくは第三者をして、本規約および仕様に基づく製品に関して、知的財産権の申請をすることを禁じます。
3.お客様が自らもしくは第三者をして、注文書および仕様書記載の製品(または類似品)を製造することを禁じます。

第7条(禁止事項)

小林ゴムは、下記の点について、一切責任を負わないものとします。

1)サイズについての免責事項
・来店で弊社担当者が採寸した場合は1回まで修正無償とします。ただし、お客様ご自身による採寸の場合、採寸数値が確かであると認めにくいため、修正は有償となります。この場合は、数値で指定する必要があります。ただしそれに伴うサイズ違和感については責任をおいません。
・お客様の体形と型紙の相違から生じる違和感は作成してみないとわからないので、不良ではありません。本規約のお客様ならば、1回まで修正は無償となります。お客様ご自身による採寸の場合は、数値指定の有償修正となります。

2)デザインについての免責事項
・デザインまたはカラーリングは、お客様の意図するものと違うこともあります。小林ゴムは、注文書に基づいてお客様と同意の上での作成のみ責任を負うものとします。注文書に基づいて作成されたものと、お客様の主観であるイメージとの違いは判断しかねることですので、この件に関する一切のクレームは受け付けません。

3)製品についての免責事項
注文書に書いてある内容をもとに製造します。仕様を変更する場合は、両者で協議し、内容を赤字で表記し、メールまたはFAXなどで了承したのちに有効とします。一方的な変更、口頭のみでの変更または注文は無効となります。注文書は記載後かならず両者確認了承が必要となります。ゆえに注文書の内容は、両者確認済のものとして扱います。注文書に記載していない要求は無効となります。

4)新規開発、仕様変更についての免責事項
基本仕様から大きく異なるカスタマイズは、新規開発のため時間がかかります。また初回の場合、出来上がりが、お客様の意に沿わないこともあります。あらかじめ了承のもとでの製作ですので、この件についての異議申し立ては受け付けません。改良については両者協議のうえ対策を検討します。

5)防水機能、不可抗力における事故の免責事項
・ウェットスーツ、セミドライスーツは防水を主としていませんので、漏水については責任を負いません。
・価格に応じたアイテムに対する機能不全へのクレームは受け付けません。
・誤った使用による障害または事故について弊社は責任を負いません。

6) 納期についての免責事項
納期は、特段お客様から指定を受けない場合は、弊社の生産進行に応じます。注文時に提示する日にちは目安です。もしご指定する場合は、必ず理由と、必要になる日、時間を注文書に明示してください。明示がない場合の納期遅れに関するトラブルは責任を負えません。

第8条(免責事項)

本社所在地である豊橋を管轄とする愛知県地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

第9条 (所轄裁判所)

2016-2018 ver.1.00     本規約は随時更新されます。

第10条(内容変更)

リペアサービス規約

 

2016-2018 ver.1.00     ※規約条件は随時更新されます。

[本サービス]は、弊社がお客様の要望に基づいて、弊社製または他社製のウェットスーツ、胴長、またはドライスーツを修繕、改造、交換をするサービス全般をいいます。

第1条(定義)

本サービスは、本サイトにある「修理依頼フォーム」とPDF形式の「ベーシックリペアシート」を利用します。
修理依頼フォームは、お客様の基本情報と、修理の内容について明記し、ベーシックリペアシートは、修理箇所や、修理依頼フォームで表現できない内容について手書きで指示する様式です。また修理依頼品の写真も必要となります。

これらから、弊社がお見積もりを算定したうえで、メールまたはFAXで送り、お客様の承認を受けた上でのリペアサービススタートとなります。

第2条(必要書類について)

リペアサービスの範囲は以下の通りです。
修繕:やぶれを接着または縫製することで修繕すること
交換:生地、ファスナー等のパーツを交換すること
改造:袖、足を任意の位置で、カットする作業でできる改造
防水検査と防水処理:防水検査を行い、止水する作業(ドライスーツのみ)
サイズ修正:自社製造のオーダーメイドで作られたウェットスーツに限り、サイズ修正すること

※本サービス適用外※
※他メーカー製のサイズ修正、デザイン変更、形状変更または改造については、責任を負えないため受け付けません。
※盗品への修理修正も受け付けません。
※外国製のウェットスーツまたはドライスーツ全般は製法が弊社と異なるためリペアは受け付けません。

第3条(リペアサービスの範囲)

お客様情報、採寸情報、アンケート内容、コメント、写真、などお客様のプライバシーに関する情報は、了解の上使用するものとし、本サービス以外に利用しません。

第4条(プライバシーポリシー 著作権その他の知的財産権)

小林ゴムは、下記の点について、一切責任を負わないものとします。
改造または交換に関する免責事項
・改造を行う場合、現状への復帰は不可能です。改造後のクレームは一切受け付けません。
改造後は製造元の保証がなくなります。
・交換する生地、ファスナー、パッド類は、弊社で仕入れ可能な部材を使用します。修理品と同等でない場合もあります。
納期に関する免責事項
・諸事情により、ご希望、ご指定納期に間に合わない場合もありますのでご了承ください。
依頼品の保管に関する免責事項
・修理完了後、弊社はE-mail、FAXまたは電話を利用してお客様に連絡いたします。連絡確認後6か月以内に受け取りに来ない場合は、お客様通知の上、修理品を弊社規定で処分いたします。

第5条(免責事項)

支払い方法は以下の通りです。
1)全額現金による前払 
2)1000円分(税別)の前金現金払い。完了後手渡し時に、修理代を1000円分引きます。
3)代金引換 送料、手数料は別途かかります。
4)クレジットカード決済はいたしません。

第6条(支払い方法について)

本社所在地である豊橋を管轄とする愛知県地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします

第7条(所轄裁判所)
 

暴力団等排除に係る解除規定

弊社は、相手方がのいずれかに該当するときは、本サービスを解除いたします。

1)法人等(法人又は団体若しくは個人をいう。以下同じ。)の役員等(法人にあっては非常勤を含む役員及び支配人並びに営業所の代表者、その他の団体にあっては法人の役員等と同様の責任を有する代表者及び理事等、個人にあってはその者及び支店又は営業所を代表する者をいう。以下同じ。)に暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴対法」という。)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は暴力団員ではないが暴対法第2条第2号に規定する暴力団(以下暴力団」という。)と関係を持ちながら、その組織の威力を背景として暴力的不法行為等を行う者(以下「暴力団関係者」という。)がいると認められるとき
2)暴力団員又は暴力団関係者(以下「暴力団員等」という。)がその法人等の経営又は運営に実質的に関与していると認められるとき
3)法人等の役員等又は使用人が、暴力団の威力若しくは暴力団員等又は暴力団員等が経営若しくは運営に実質的に関与している法人等を利用するなどしていると認められるとき
4)法人等の役員等又は使用人が、暴力団若しくは暴力団員等又は暴力団員等が経営若しくは運営に実質的に関与している法人等に対して資金等を供給し、又は便宜を供与するなど暴力団の維持運営に協力し、又は関与していると認められるとき
5)法人等の役員等又は使用人が、暴力団又は暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有していると認められるとき。
6)法人等の役員等又は使用人が、前各号のいずれかに該当する法人等であることを知りながら、これを利用するなどしていると認められるとき。
前項の規定により弊社は本サービスを停止することができ、これによって生じた損害の賠償を相手方に請求することができます。
第1項の規定により弊社は本サービスを停止することができ、相手方に損害が生じても、その責を負わないものとします。

第1条 (反社会的勢力に対するサービス解除)
 

プライバシーポリシー

本プライバシーポリシーは、小林ゴム株式会社(以下「小林ゴム」といいます)が収集し、利用する全ての個人情報をその対象として、小林ゴムの個人情報に関する基本的指針を定めるものです。

小林ゴムは、個人情報を取り扱うにあたっては,「個人情報の保護に関する法律」をはじめとする個人情報の保護に関する法令、ガイドラインおよび本プライバシーポリシーを遵守いたします。 

第1条(法令等の遵守)

小林ゴムは、必要な範囲で個人情報を収集することがあります。収集する個人情報の範囲は、利用目的を達成するために必要な限度を超えないものとします。 また、収集するにあたっては、適正かつ公正な手段により行い、法令により例外として扱うことが認められている場合を除き、利用目的を予め公表するか、または取得後速やかにご本人に通知もしくは公表いたします。 なお、ご本人から書面(インターネット上のWEBサイトの画面等を含みます。)により直接個人情報を収集する場合には、法令により例外として扱うことが認められている場合を除き、その都度予め利用目的を明示いたします。

第2条(個人情報の収集)

・小林ゴムが個人情報を取り扱う際には、管理責任者を置き、適切な管理を行うとともに、外部への流出防止に努めます。また、外部からの不正アクセスまたは紛失、破壊、改ざん等の危険に対しては、適切かつ合理的なレベルの安全対策を実施し、個人情報の保護に努めます。
・ 小林ゴムは、個人情報に係るデータベース等へのアクセス権を有する者を限定し、社内においても不正な利用がなされないように厳重に管理いたします。 
・ 小林ゴムは、個人情報の取扱いを外部に委託することがあります。この場合、グループ会社または個人情報を適正に取り扱っていると認められる委託先(以下「業務委託先」といいます)を選定し、委託契約等において、個人情報の管理、秘密保持、再提供の禁止等、個人情報の漏洩等なきよう必要な事項を取り決めるとともに、適切な管理を実施させます。
・ 小林ゴムは、個人情報の利用目的が達成された場合は、遅滞なく個人情報を廃棄・消去いたします。 4.個人情報の利用 小林ゴムは、ご本人の同意を得た場合、および法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、収集した個人情報について、収集の際に予め明示した目的または公表している利用目的においてのみ利用いたします。 小林ゴムにおける個人情報の利用目的の詳細については、公表事項をご覧下さい。

第3条(個人情報の管理・保護について)

小林ゴムは、個人情報をご本人の同意なしに、業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。ただし、法令により開示を求められた場合、または裁判所、警察等の公的機関から開示を求められた場合には、ご本人の同意なく個人情報を開示・提供することがあります。詳細につきましては、公表事項をご覧下さい。

第4条(個人情報の提供)

小林ゴムは、個人情報につきご本人または代理人からの開示、訂正等(訂正、追加、削除、利用停止、消去または第三者への提供の停止をいいます。)を求められた場合には、法令の規定に従い対応させていただきます。 具体的な手続きにつきましては、公表事項をご覧下さい。

第5条(個人情報の開示および訂正等)

・ 小林ゴムは、本プライバシーポリシーに基づき、個人情報の保護に関する社内規定を整備し、小林ゴムの役員・従業員等に対し、個人情報の取扱いについて明確な方針を示し、個人情報の保護に努めます。 
・ 小林ゴムは、個人情報の保護が十分に行われているか社内で監査する体制を整備いたします。 

第6条(社内体制の整備 )

個人情報の取扱いにつきましては、上記各項目の内容を適宜見直し、改善してまいります。

第7条(見直し )
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon

©  小林ゴム株式会社